チョã‚ŗđŸ’›čĄŒå‹•ã‚’ãŠã“ã•ãĒいと į’°åĸƒã¯ã€ã‹ã‚ã‚‰ãĒい

『äģŠæ—Ĩは äŊ•ãŽæ—Ĩ ニチãƒĸクワãƒŗ(æ—Ĩ曜æ—Ĩと木曜æ—Ĩと月ぎīŧ‘æ—Ĩ)ãƒ–ãƒ­ã‚°â‘Ąâ‘ ã€€īŧ’īŧīŧ‘īŧ˜ãƒģīŧ’ãƒģīŧ”』

 

īŧ’月īŧ”æ—Ĩは čĨŋぎæ—Ĩ

「ãĢ(2)し(4)」ぎčĒžå‘‚合せ。

こぎæ—ĨãĢčĨŋぎ斚へ向かうと、嚸運ãĢåˇĄã‚Šäŧšãˆã‚‹ã¨ã•ã‚ŒãĻいる。

 

 

äēēãĢåˇĄã‚Šäŧšãˆã‚‹ã€€æ„ä¸­ãŽäēēãĢåˇĄã‚Šäŧšãˆã‚‹ã€€æ„ä¸­ãŽäēēãĢåˇĄã‚Šäŧšãˆã‚‹æ§˜ãĢåŠĒ力する。

 

恋äēēやįĩåŠšã‚’æ„č­˜ã™ã‚‹äēēãĢã€€åˇĄã‚Šäŧšã†ãĢは やはり ごč‡ĒčēĢから äŊ•ã‚‰ã‹ãŽã‚ĸã‚¯ã‚ˇãƒ§ãƒŗや

 

čĄŒå‹•ã¨ãŖãĻãŋãĻ下さい。

 

čˇå ´ã¨ã‹å‘Šį™Ŋã¯æˆåŠŸã§ã‚‚å¤ąæ•—ã§ã‚‚ã€€äģŠåžŒã‚‚äŧšã‚ãĒいと いけãĒい場所ãŖãĻ ありぞすよね

 

そんãĒ時は 『åĨŊき』とは ゚トãƒŦãƒŧトãĢč¨€ã‚ãšã€€æ°—ãĢãĒるäēēであるäē‹ã ã‘でも

 

おäŧãˆã—ãĻは おうでしょう

 

 

 

 

 

īŧ‘īŧæ—Ĩ垌 チョã‚ŗãƒŦãƒŧトäģ˜ã‘ãĻåĨŗ性から 告į™Ŋするæ—ĨがやãŖãĻきぞす。

 

ãƒĄãƒĸをæˇģえãĻãŋるとか そんãĒäē‹ã§ããĒいãŖãĻ斚は įžŠį†ã¨ã¯åˇŽã‚’äģ˜ã‘ã‚‹ãŋたいãĒäē‹

 

しãĻãŋãĻは いかがでしょうか。

 

するか しãĒいかで čŋˇã‚ã‚ŒãĻã‚‹æ–šãƒģãƒģãƒģ

 

 

 

 

 

đŸ’›čĄŒå‹•ã‚’ãŠã“ã•ãĒいと į’°åĸƒãŒã€€ã‹ã‚ã‚‰ãĒいことだけは たしかです(#^^#)

 

そしãĻ もうīŧ‘つīŧã€€äēēį”Ÿã¯ã€€ãŋんãĒ īŧ‘回きりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

īŊžīŊžīŊžīŊžīŊžīŊžīŊžīŊžīŊžīŊžīŊžīŊžã‚°ãƒƒãƒ‡ã‚Ŗぎ喜ばれる6つぎį†į”ąīŊžīŊžīŊžīŊžīŊžīŊžīŊžīŊžīŊžīŊžīŊžīŊž

 

 

 

 

 

īŧ‘つį›Žã€€ã€ãŠį›¸æ‰‹ãĢčžããĢくいäē‹ãŒã€åš´åŽã‚„åŽļ族構成ãĒãŠã€€čžã‹ãĒくãĻもäē‹å‰ãĢわかる】

 

īŧ’つį›Žã€€ã€æąč¨ŧ1部上場äŧæĨ­é€Ŗį›ŸãŽã‚°ãƒƒãƒ‡ã‚Ŗはå„Ēč‰¯åŠ į›Ÿåē— äŧšå“Ąæ•°ã¯æ—ĨæœŦ最大ぎīŧ•īŧ™īŧīŧīŧåãƒģįĩåŠšã—たいįš†ã•ã‚“ぎ集ぞりです】

 

īŧ“つį›Žã€€ã€čļ…å°‘äēē数åˆļで手厚い 垚åē•ã‚ĩポãƒŧト。æąēしãĻ äŧšå“Ąæ•°ã¯å¤šãã€ã—ぞせん】

 

īŧ”つį›Žã€€ã€ãŠčĻ‹åˆã„写įœŸīŧå††(į„Ąæ–™)īŧ“枚ブナイダãƒĢ専門åē—でおį›¸æ‰‹ãĢå°čąĄč‰¯ãæ’ŽãŖãĻもらいぞす】

 

īŧ•ã¤į›Žã€€ã€čĒåŽšã‚Ģã‚Ļãƒŗã‚ģナãƒŧčŗ‡æ ŧč€…å¯žåŋœãĢよる厉åŋƒéĸčĢ‡ã€‚一įˇ’ãĢč§ŖæąēしãĻ いきぞせんか】

 

īŧ–つį›Žã€€ã€ã€Œã“ã‚“ãĒäē‹čžã„ãĻįŦ‘われãĒいかãĒīŧŸã€ãĒんãĻ思わず、(#^^#) äŊ•ã§ã‚‚čžã„ãĻ下さい】

 

âŖ                                           äŧšå“Ąæ§˜ã¨äēŒäēē三脚ãƒģįĩåŠšį›¸čĢ‡æ‰€ã‚°ãƒƒãƒ‡ã‚Ŗ